ドクターワンデル 公式サイト

MENU

犬の口臭が酷いのは病気!?まずは自分で確認してみよう

犬の口臭がひどいのは色々な理由がありますが、病気の可能性もあります。

 

3歳以上の約80%が歯周病ともいわれるくらい、トラブルを抱えているんです。

 

また、ニオイと言っても

 

・甘い
・生臭い
・血
・尿
・生ごみ

 

など、原因によってニオイが変わってくるんです。

 

体内で出血していれば血のニオイになり、尿に問題があれば尿のニオイがする。

 

人間と一緒で甘いニオイは糖尿病だったりします。

 

 

歯石の蓄積や歯周病でも必要であれば治療しなくてはいけないので、犬の口臭がひどいときは必ず病院に相談しましょう。

 

クサイと思ったら放置はしないこと!

 

必ず口臭チェックをすることで、病気に早く気づくことができます。

 

 

そして、唇や歯、歯茎や口の中を見ることも大切です。

 

貧血や黄疸とか早く気づけないと、命にかかわることもあります。

 

嫌がって歯磨きもできないという場合は、シートやおやつをあげるときに触ったりして、少しずつ慣らしていくと良いですよ。

 

優しくして褒める。

 

無理をせず性格を見て、眠い時とか抵抗しないタイミングでまずは続けるのもおすすめです。

 

普段から口をあけていると、病院でも簡単に口の中をチェックしやすくなります。

 

 

シニアだからと犬の口臭がひどいと決めつけず、普段から予防とセルフ確認をしていきましょう。

 

 

トイプードルがエサを食べない時の対策、間違ってませんか?

トイプードルがエサを食べないと悩んでいる人が多いようですが、これは犬種問わずある悩みです。

 

でも、心配で病院へ連れて行っても特に悪いところはない。

 

「うちの子は食べムラがあるから」

 

「好き嫌いが多くて困っちゃう」

 

なんて言っている人!

 

実は自分の行動が原因になっていることがあるのを知っていますか?

 

 

トイプードルがエサを食べないから、よくあるのが

 

・ふりかけなどトッピングをする
・違うものに変える
・おやつや食べるものをあげる

 

‥などですが、これはどれも間違っている対策になります。

 

犬はとても賢いです。

 

この3つをすると「食べなければ、こうしてくれる」というのを学習してしまうんです。

 

それをグルメだと勘違いしている人がいますが、食べなければおやつとか人が食べる味の濃いものがもらえると思えば当然食べません。

 

もちろん、好き嫌いや飽きることはあります。

 

でも、食べないことでもっと良いものがもらえるという間違えた覚え方をしていると思う方は、いますぐにやめてください。

 

まずは、サンプルや全額返金保証付きのもので試して良いものを選ぶ。

 

きちんと食べれたときのご褒美にあげたり、飽き性な子はミックスしたり、ローテーションしてあげることをおすすめします。

 

間違ったやり方は、愛犬が可哀相です。

 

震災や病院、いろいろなことを考えて、フードを美味しく食べられるようにしてくださいね。